肌にやさしいシャンプー

肌荒れを治すならシャンプーの見直しが必要

肌が弱かったり、アトピー体質だと、
手が荒れやすく、顔、首回りもデリケートな部分なので、
赤く炎症を起こしやすいですよね。

 

その原因は実はシャンプーだったりするんです。
なぜなら手洗い石鹸、ボディソープ、洗顔などの人が直接使う
洗浄剤の中で一番シャンプーの洗浄力が強く、
肌に刺激を与えてしまうのです。

 

だから手、首回りの肌荒れを起こさないような
肌にやさしいシャンプーにできるだけ早く切り替える必要がありますよね。

 

結論から言うと、
肌にやさしいシャンプーかどうかは、洗浄剤を見て判断しましょう。
ちなみに一番肌にやさしいのはアミノ酸系になります。

 

洗浄剤は大きく3つのタイプに分けられます。

 

アミノ酸系、高級アルコール系(石油系)、せっけん系の3つです。

 

CMで良く見かけたり、ドラッグストアに陳列されているものは、ほとんどが高級アルコール系(石油系)
とても洗浄力が強いので、肌が弱い方は
荒れてしまいがち。

 

せっけん系というのは、
牛乳石鹸、無添加せっけんシャンプーなどとして販売されています。
とても低刺激で作られています。

 

ただし、本当に髪に対してはケア成分が入っていないので、
洗い上がりきしきし、ぎしぎしになってしまいます。

 

 

さて、最後がアミノ酸系です。
これが一番人の肌に近い成分で作られており、
肌に刺激を与えません。

 

その中でも、私が現在使っているのは、
ハーブガーデンというアミノ酸系の
シャンプーです。

 

⇒コチラの記事へ⇒肌にやさしいハーブガーデンシャンプー