頭皮 赤い

頭部が痒くフケが多くなる場合、
頭皮が赤くなっている場合がほとんどです。
また赤い部分はひどくなると腫れあがっている事が多く、
ますます痒みを伴い更に悪化すると抜け毛や薄毛の原因となります。

 

その原因の多くが血行不良、毛
穴詰まり、薬剤反応による頭皮アレルギーによるものです。

 

もともと頭皮の赤い現象は、皮下組織にある毛細血管が拡張し、
頭皮の下が透けて見える事により赤くなります。

 

その他にも頭皮湿疹があり、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎があります。

 

頭皮の赤くなる原因で1番多いのが洗浄力が強いシャンプーを使用する事にあり、
必要以上に汚れや油分を取ってしまう事にあります。

 

確かに毛穴詰まりによる炎症もあり、
汚れや油を取る事で清潔に保つ事は重要です。

 

しかし、汚れや油は外からの刺激に対して
頭皮を守るバリアー機能もあるため必要以上に取ってしまうと、
マイナス環境になってしまいます。

 

また頭部には皮膚常在菌と呼ばれる菌もあり環境を整えるのに重要な役割を持っていますが、
洗浄力の強いシャンプーを使用する事により根こそぎ取られてしまいます。

 

洗浄力の強いシャンプーとは、高級アルコール系シャンプーとも言われ、
市販の殆どが該当します。

 

高級とは言え品質が高いと言う意味ではなく、
分子構造において炭素の数が多いアルコールで作られた界面活性剤になります。

 

シャンプーは頭皮アレルギーを引き起こす可能性も高く、
皮膚に触れる事でアレルギーを反応が起こり、赤
くなる原因にもなります。

 

その成分は人により異なるので症状が酷い方は
皮膚科を受診すると良いです。
赤い部分を更に観察するとうっ血している場合もあります。

 

うっ血すると栄養が行き届かず老廃物や余分な水分が溜まり、
最終的にはブヨブヨになる恐れもあります。

 

これらの対策としたは、髪や自分の体質に合った低刺激シャンプーを選び、
普段かからも頭部のマッサージを行い血行を良くする事にあります。

 

また食事によるバランスの取れた栄養補給も忘れずに行います。