頭皮湿疹 原因

皮膚科では頭皮湿疹の治療を受けることもできますので、
症状が重たい場合は速やかに治療を受けた方が良いでしょう。

 

放置しておくと脱毛の原因になることもありますので要注意です。
しかしながら皮膚科に行く前にできる対策もありますから、
まずはそれらから試してみるのも良いかもしれません。

 

頭皮湿疹はシャンプーが原因になっていることがありますので、
まずはシャンプーを見直してみるのがおすすめです。

 

そして基本的には刺激になるようなシャンプーを使わない方が良いでしょう。

 

例えば合成界面活性剤が主成分の物や強い殺菌作用のある物など、
洗浄効果が高い一方で刺激になってしまう恐れがあります。
頭皮への負担を小さくするには、無添加の物やアミノ酸タイプの物が
低刺激で洗うことができるため、こうしたシャンプーに注目してみるのが良いと言えます。

 

なお洗い方にもポイントがあり、ゴシゴシと強く擦ってしまうと刺激になりますので、
指の腹でマッサージをする感覚で洗うようにしましょう。

 

負担を小さくしつつ汚れ落ちも良くなりますから、普段の洗い方を意識してみることが必要です。

 

栄養面を見直して、ビタミンB群を十分に補給できるような食事を心がけるのもポイントです。

 

我々の体は様々な酵素の働きによって健康が維持されていますが、
ビタミンB群が不足することでスムーズな酵素の働きを阻害してしまいます。

 

例えば皮膚炎も起こりやすくなりますので、
頭皮湿疹対策としても不足させないよう、

 

意識的に摂取することが推奨されます。無論、食事はバランスが大切ですから、
基本的には偏りのない食事を摂ることが必要です。

 

ストレスが原因になることもありますので、ストレスの改善に努めるのも大切です。

 

健康全般のためには副交感神経を優位に保ち、
リラックスした精神状態にあることが必要ですが、ストレスを感じると交感神経が活発になってしまいます。
交感神経が過剰に働くと、頭皮の乾燥や皮脂が多く出やすくなるなどのトラブルに発展します。

 

頭皮環境を悪くすると湿疹のリスクも高くなりますから、
その元になるストレス対策をしっかりと行うのも改善のひとつのポイントになるのです。